サイトマップ

魔法のコスメ!APPS化粧水のおすすめ×ビタミンC徹底ガイド

ピックアップ!2016年4月おすすめの人気APPS化粧水

サイクルプラスエンリッチローション
・2剤式だからAPPSが一番良い状態で使える
・APPS×TPNaの最強タッグで美肌パワー倍増
・安全性が高い9つの無添加と7種類のテスト済み
アットコスメでも人気急上昇中のサイクルプラスエンリッチローション!APPSに加えて美白成分やエイジングケア成分も充実している「使いやすく続けやすい」化粧水です。

(ランキング移動バナー)

魔法みたい!3+αの美肌効果が効きやすいAPPS

APPS(アプレシエ)は高浸透型ビタミンC誘導体とも新型ビタミンC誘導体ともいわれている、通常のビタミンC誘導体の10倍~100倍の浸透パワーを秘めた魔法のような美肌成分です。

ビタミンCは広い範囲で美肌効果がある万能成分!ビタミンCがお肌にどんな効果をもたらすのかを見ていきましょう。

美白効果

毛穴効果

エイジングケア効果

美白効果

ビタミンCにはメラニン色素の発生を抑える力、発生してしまったメラニン色素を還元する力が備わっています。つまり、今あるシミにも未来のシミにも有効!というすごいパワーを秘めているんです。

毛穴効果

ビタミンCには皮脂の分泌を抑える力があります。これが毛穴にどういう結果をもたらすかというと…出過ぎた皮脂が詰まって毛穴が広がるのを防ぐから毛穴が目立たなくなるということ。

エイジングケア効果

ビタミンCが夏でも冬でも人気がある秘密が美白だけでなくアンチエイジングも可能なところ!お肌の弾力となるコラーゲンを増やすパワーが強力だから、しわやたるみレスのプル肌に導くことができるんです。

ニキビ跡の色素沈着にも!

APPSの美白効果は紫外線ダメージを防ぐだけではありません。ニキビができた後のしつこいニキビ跡など、メラニン色素が作り出す色素沈着にほぼ対応しています。ニキビ跡の治りが速く跡に残さない実績も多数アリ!

効果の範囲が広い×浸透パワーが高い

APPSが魔法みたいな成分という理由は非常に範囲の広い美肌効果が望めること、さらに美肌効果を高い確率で引き出すことができること。オールインワン化粧品ならぬオールインワン成分なので「基礎化粧品選びに迷ったらAPPS」でも期待以上の結果が得られるかも…!

絶対に失敗したくない!APPS化粧水の選び方

APPSを選んだ時点で賢い選択だといえますが、さらにAPPSが配合されている化粧水で優位なものを選んで満足度を120%にしてしまいましょう!

APPS化粧水選びのポイントを解説します。

それって本当にAPPSですか?

水溶性ビタミンE誘導体(TPNa)配合の化粧水が有利!

大容量ボトルはお得とは限らない?

手作りの場合はあるていどの知識やこだわりが必要!

配合されている保湿成分にも注目する!

お肌への負担成分が少ないほど改善は加速する?

それって本当にAPPSですか?

APPSはビタミンC誘導体の一種ですが、ビタミンC誘導体には数多くの種類があります。APPSはアプレシエや新型ビタミンC誘導体・高浸透型ビタミンC誘導体などと呼ばれることもあります。

が、どこにも記載されていない場合もあるんです。そんなときはパッケージに記載している成分表示を確認!パルチミン酸アスコルビルリン酸3Naと表記されているものならAPPS配合とみて間違いはないです。

参考:化粧品に含まれるビタミンC全種類と〇つの賢い選び方

水溶性ビタミンE誘導体(TPNa)配合の化粧水が有利!

APPSは単体でも浸透パワーが高いので効果が望めますが、その高い効果をさらに高めてくれるのが水溶性ビタミンE誘導体です。

通称TPNaと呼ばれるもので、保湿力の劣るビタミンC誘導体と非常に相性が良く、乱れたターンオーバーを整えるほどの抜群の保湿力を秘めた成分です。

大容量ボトルはお得とは限らない?

大容量ボトルというとお得感を感じますが、APPSに関しては微妙なところ。そもそもAPPSの効力はあまり長続きせず一度空気に触れるとどんどん酸化が進んでいく弱い成分です。

APPS化粧水の魔法のようなメリットを活かしたいなら、新鮮なうちに使い切るのが一番!1ヶ月間を目安に使い切ることができる化粧水がおすすめ。

手作りの場合はあるていどの知識やこだわりが必要!

価格面では圧倒的に有利な手作りAPPS化粧水。本来5000円以上のものが安いものだと1000円台で購入できるところが魅力です。

安い理由として「APPS粉末だけ」の販売であったり、混ぜる化粧水や防腐剤、他の有効成分などは自分でそろえるものがほとんどだから。

ある程度の知識があれば有効活用することができます。逆に知識がなく「安いから」という理由だけで購入すると、混ぜる成分の比率や管理方法次第で逆にお肌に負担を与えてしまうことも。

配合されている保湿成分にも注目する!

APPSをはじめとするビタミンC誘導体の弱点は保湿力が低いこと。そのため乾燥肌ほど充実した保湿成分を補う必要があります。

TPNaやセラミド、ヒアルロン酸など根拠のしっかりしている上質な保湿成分が配合されているかが美肌に導けるかのキーポイントになります。

お肌への負担成分が少ないほど改善は加速する?

パラベンなどの防腐剤や石油系界面活性剤、香料や鉱物油などケミカルな成分はお肌への負担になる成分なのでこれら添加物が少ないほど、より安全に使用できるといえます。

ただし、APPSに関しては「劣化(酸化)しやすい」という弱点があるので、ビタミンCパワーを維持させるためにフェノキシエタノールなど負担がごく少ない防腐剤なら配合されていた方が有利です。

どうしてもお肌への負担が気になる場合は防腐剤無添加のものであれば、冷蔵庫での保管・使用期間を守ってきっちり使い切るなどを徹底しましょう。

APPS化粧水人気ランキングベスト5

市販から通販の化粧水まで、人気のAPPS化粧水(APPS粉末を含む)をランキング形式でまとめました。

APPS+E(TPNa)ローション+α
メーカー:BEAUTY MALL
価格:6480円
内容量:100ml
送料:500円
タイプ:APPS配合済
APPSとTPNaを独自の黄金比率で配合。全8種のビタミンに加えてセラミドやレスベラトロールなど保湿、アンチエイジングに特化した贅沢な成分を凝縮。別売のピールローション併用で美肌効果が加速します。

エンリッチローション
メーカー:サイクルプラス
価格:2800円
内容量:80ml
送料:無料
タイプ:半手作り(APPS粉末+保湿化粧水の2剤式)
特典:【7日分ミニサイズ】クレンジング/洗顔料/エッセンス乳液/クリーム
APPSとTPNaを配合。ノーベル賞レベルのお肌再生成分EGFやFGF、高品質の美白成分αアルブチン、3Dヒアルロン酸など保湿/美白/エイジングケアにバランスよくアプローチできます。

クリスタルパウダー
メーカー:トゥヴェール
価格:3276円
内容量:3g
送料:550円
タイプ:手作り(APPS粉末のみ)
特典:化粧水作成キット
化粧水300mlと混ぜることで1%濃度のAPPS化粧水が作成できる手作り用のAPPS粉末。低濃度でもしっかり浸透させるシステムが敏感肌の方に好まれています。

アプレシエ1%キット
メーカー:ビーエスコスメ
価格:1400円
内容量:50ml分
送料:500円~1400円
タイプ:手作り(APPS粉末+劣化防止剤)
水または他の化粧水と混ぜて使用する手作り用のAPPS粉末。手軽に購入できる価格が魅力で成分マニアの方に特に好まれています。

ホワイトエマルジョンディープモイスチュアC
メーカー:アクセーヌ
価格:5940円
内容量:170ml
送料:無料
タイプ:APPS配合済
角質層をうるおわせる高保湿タイプのAPPS配合化粧水。キメをふっくら整えてバリア機能を向上させます。全国のデパートでも購入可能です。

APPS配合化粧水の一覧比較

手作り・半手作りタイプの化粧水
(テーブル比較)

APPS配合済みタイプの化粧水
(テーブル比較)

ビタミンC配合のAPPS化粧水が人気の理由
ビタミンC誘導体の力
ビタミンC誘導体には多くの効果があり、ニキビやニキビ跡、美白などが気になる人に支持されている成分です。さらに肌に重要なハリを保つためのコラーゲンを作り出すのにも必要な成分です。その性質には水に溶けやすい水溶性のものと油に溶けやすい油溶性のものがあります。水溶性のものはその性質から化粧水や美容液に利用されており、油溶性のものは美容液や乳液、クリームに使用されています。
しかし、人間の肌細胞には水溶性・油溶性どちらのビタミンC誘導体も必要になるのですが、肌は水溶性のものをはじいてしまう性質があります。そこで油溶性のものも配合されるようになったのですが、APPSは水溶性・油溶性両方の性質を持っている誘導体として誕生しました。浸透力が高いこともAPPSの魅力の一つです。しっかりと肌に吸収されることにより、ニキビやシミ、コラーゲンの生成など美しい肌に欠かせない要素が揃うことになるのです。
APPS化粧水がおすすめされるわけ
APPS化粧水がおすすめされる理由は美白やニキビ跡などの色素沈着の改善効果と、肌のハリを保つコラーゲンの生成能力が高く、肌への浸透力が高いことです。従来の誘導体より100倍もの浸透率があると言われているため、VC100という名前でも呼ばれています。他のアイテムではなく化粧水がおすすめされるのは、水に配合した方がAPPSの成分が安定しやすいという理由があります。
APPS化粧水は皮脂の分泌を抑制してしまう働きがあります。効果を期待して濃度が高い物を利用してしまうと肌の乾燥などのトラブルを引き起こしてしまう可能性があります。特に乾燥肌の人は濃度の低いものから使い始めてみましょう。一般的には1~2%、クリニックなどで処方されている物でも5~6%ほどの濃度となっています。肌に大きなトラブルを抱えていない人でも、保湿を重視することで感想などのトラブルを防ぎながらAPPS化粧水の効果を実感できるのではないでしょうか。